京都盆地の成り立ちを眺める

 京都盆地は三方を山に囲まれ、南に開いた盆地です。東西の山地とは断層で切られて中央が落ち込み盆地となっています。兵庫県南部地震以降、京都市は盆地の地下構造の解明に取り組んできて、ずいぶん新しいことがわかってきました。

○花折断層系
東山連峰、伏見桃山と盆地を境する活断層です。この付近では桃山断層と呼ばれています。断層地形はあまり明瞭ではありませんが、ここより西の疎水のあたりの地形変化が激しく、断層でたわんだ地形(撓曲)だと考えられています。


教育大学屋上より北方を望む



「京都の地震」京都市消防局防災対策

  

 


○西山断層系

京都の西山と盆地を境するもので、西山断層によって山地と洛西ニュータウンあたりの丘陵地が、樫原(かたぎはら)断層によって丘陵地と盆地の低地とが境され、東側が下がっています。

  

「京都の地震」京都市消防局防災対策室

 

京都盆地の基盤は?
  京都市の調査で十条あたりでは地下200mあたりに基盤岩があります。その上には大阪層群などの新しい地層(100万年前以降)がたまっています。伏見の丘陵には80万年前のアズキ火山灰層がありますが、同じ火山灰が盆地の地下では190mの深さにありました。80万年を経て240mほど高さに差ができました。これは1年毎の動きになおすと0.3ミリずつ動いたことになります。しかし京都盆地は30万年前以降にはげしく動いたといわれていますのでその場合は毎年0.8ミリ動くことになります。実際には数千年に1回起こる直下型地震によって断層が数m動き、その繰り返しで高低差ができていったのでしょう。

 
   
   

アズキ火山灰の電子顕微鏡写真
泡状になったマグマが飛び散ってできたガラス




深草のアズキ火山灰層

  
「京都の地震」
京都市消防局防災対策室



 

○旧巨椋池はもともと低地
宇治川の南に広がっていた旧巨椋池のあたりでは地下700mほど下に基盤岩があります。
宇治川のあたりに東西に伸びる断層(宇治川断層)が推定されていて、断層をはさんで南側が300mも低くなっているようです。



「京都の地震」京都市消防局防災対策室

 

○京都盆地は水がめ?
  最近、京都盆地の地下には琵琶湖に匹敵する水があると報道されました。
水は砂やれき層の間にたまっているものです。その量はたしかに多いのですが、すべてが利用できるわけではありません。深井戸による地下水のくみ上げによって、地表付近の水が地下深くに浸透し、盆地周辺の深井戸の水は汚染されてきています。


「京都の地震」京都市消防局防災対策室